こぐまねこ帝国消費者センター
 >> インチキ警官対策
 被害届けを書きにいく
皇帝閣下大蔵大臣担当大臣したっぱ 住民住民住民住民住民
 ★

 被害届けを書きにいく



皇帝閣下 「これこれ。予は窃盗の被害に遭ったのじゃ。でじゃな、予は被害届けを書いて警察に持って行こうと思ってるのじゃが、被害届けってどう書けばよいのかの?」
○ 「えーと、告訴状とかじゃなくて被害届け?」
△ 「そうじゃ。とりあえず被害届けを出しておこうと思ってるのじゃ。」
○ 「んー。それだったら、証拠になりうるものとか筆記用具とメモ帳程度を持って(手ぶらでも良い)、最寄の交番か警察署に行けばどう?」
△ 「え!?それでいいのかの?『被害届けを出しにいく』って良く聞くのじゃ。じゃから、やっぱり書いて持っていかないといけないんじゃないのかの?」
○ 「そんなことないない。被害届けの用紙自体は警察署にも交番にも置いてあるから。実際に行って『被害届け書きたいんですけど』って言えば用意してくれるわよ。」
△ 「でもじゃな、予はどこかで見たのじゃ。口頭じゃとインチキ警官が受理せずに追い返すことが多いって。」
○ 「んー。それは告訴とか告発の場合でしょ。そもそも受理しないでよい法律の規定なんかないんだけど、今回のは告訴でも告発でもなくて、被害届けでしょ。深く気にしないでいいわよ。」
△ 「でも・・・実際に行った先でインチキ警官が対応にでられると困るのじゃ。」
○ 「んー。だったら、地元の警察の警察本部の電話番号を携帯にでも記憶させておいたらどう?」
△ 「ほえ?そしたら何か良いことがあるのかの?」
○ 「インチキ警官が対応したら警察本部に電話して『○○って人が、被害届けを受理してくれない。オカシイ。』って苦情を入れられるでしょ。」
△ 「おおー。そうやってインチキ警官をやっつけるって戦法じゃな。『チリメンドン屋、ソチもワルよのう・・・』」
○ 「『いえいえ、おでぶ代官さまほどじゃありませんことよ。』って、何を言わせるの。そうじゃないでしょ。苦情っていうのはきちんと対応してもらうために入れるのであって、インチキ警官をやっつけるためじゃないでしょ。」
△ 「おっほっほ。言ってみただけじゃ。」
○ 「もー。ただ、これはあくまでもインチキ警官が出た場合の話だからね。あまり深く考えずに被害届けを書きに行けばいいと思うわよ。」
△ 「ふーん。分かったのじゃ。予は窃盗の被害届けを書きに行くとするのじゃ。おっほっほ。」
○ 「ところでさー。」
△ 「何じゃな?」
○ 「一体、何を盗まれたの?」
△ 「予の天使の心じゃ。」
○ 「は?」
△ 「予は道端で10円を拾ったのじゃ。それで、予の心の中の<悪魔:もらっちゃえよ>と<天使:きちんと届けなさい>がケンカしたのじゃが、どうやら天使の心が誰かに盗まれてしまったようなのじゃ。」
○ 「って、つまり、その10円は皇帝さまが持ってるってことでいいの?」
△ 「そうじゃ。天使の心が盗まれてしまった以上は、必然的に<悪魔:もらっちゃえよ>になるに決まってるであろう。」
○ 「って、お金拾ったのなら、そのお金を落し物として届けなさいーっての!」
△ 「おりょ?」
こぐまねこ帝国消費者センター

インチキ警官対策
├ 1.警察への苦情制度のあらまし
├ 2.警察法第79条に基づく苦情方法
├ 3.被害回復給付金支給制度
├ 4.被害届けを書きにいく
[PR]楽天カード入会でもれなく2000ptプレゼント
[PR]エルシーラブコスメティック新商品情報


■メインメニューこぐまねこ帝国消費者センター
消費者としての心構え
ネットマナー向上講座

インチキ警察対策
皇帝閣下のつれづれ話
迷惑メール等対処法
ワンクリック詐欺 解説と対処法
出会い系トラブル
ネット懸賞トラブル
貸します詐欺対策
防犯関連情報
悪徳商法関連情報

詐欺悪徳商法撲滅
 └悪質事業者銀行口座専用板
電子商取引に関する準則
消費者関連法の解説

>>謁見の間(トップ) >>掲示板 >>城下町(登録型リンク集) >>こぐまねこブログ >>帝国領域図(サイトマップ)